本文へスキップ

トイレットペーパー・ティッシュペーパー・ポケットティッシュ・キッチンタオル・紙おしぼりetc 各種家庭紙取扱い

TEL. 0545-51-1003

〒417-0033 静岡県富士市島田町2丁目198番地

富士山と紙Mt.fuji & Paper

手すき和紙ができるまで

昔の人はどうやって紙をつくっていたのでしょう。現在の抄紙工程の基となる手すき和紙のつくりかたです。


@蒸す
手すき和紙の原料には、コウゾ(楮)・ミツマタ(三椏)・ガンピ(雁皮)
などがありますが、コウゾが一番多く使われます。切り取ったコウゾ
の生木を束ね、蒸釜の中に入れ、桶をかぶせて蒸します。





A皮むき
釜から出したコウゾに水をかけ、手早く外皮を剥ぎ取り、
束ねて竿にかけ干します。これを「黒皮」といいます。
さらに黒皮に水をつけ、皮むきで黒く薄い外皮を削り取り、
「白皮」にします。





B煮る
白皮を大きな釜の中に入れて、灰汁で煮て繊維をほぐします。






C川ざらし
原料をよく水洗いし、木灰(草木を焼いてつくった灰、肥料・灰汁抜き等
に用いる)を洗い流したり混じっているごみを拾い出します。





D叩く
厚い板の上で叩き、繊維を細かくします。





E抄く
水を入れた抄き舟の中へ繊維とねり(花オクラとも呼ばれる
トロロアオイの根を突き砕いたドロドロの液)を入れ、
よくかき混ぜて原料をつくります。





F絞る
ぬれ紙を剥がして、板の台の上に積み重ねます。
これが何百枚にもなると重石を絞ります。





G干す
絞ったぬれ紙を一枚一枚剥ぎ取り、干し板に貼り貼りつけて乾かします。
板に貼ったぬれ紙は、太陽に数時間干すと乾きます。





H裁つ
破れた紙や状態の悪い紙を取り除けて、必要な大きさに裁ちます。





     
目次へもどる

バナースペース

イデシギョー株式会社 

〒417-0033
静岡県富士市島田町2丁目198番地

TEL 0545-51-1003 代表
FAX 0545-53-1388   

商品についてのお問い合わせは
お客様相談室 0545-53-9001 まで
 祝祭日を除く月曜日〜金曜日 
 9:30〜12:00 、13:00〜17:00